ホーム>スタッフブログ / 伝統工芸鎌倉彫 山水堂>お役立ち
  • ホーム
  • 鎌倉彫とは
  • こんな用途に
  • オーダーメイド・修理
  • 通信販売
  • 作品集
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

お役立ち

鎌倉彫の特徴とは? 木彫りなの? 漆なの?

 

 「鎌倉彫の特徴って何ですか?」

 

 という問いをお客様からよくいただきます。

 こういった直球の質問って、なかなかに答えるのが難しいなぁと常々思っているのですが、、、

 

 端的に言ってしまえば、

 

 ① 手彫りの彫刻が施されていて

horishi_az.JPG

 

 ② 下地から漆を塗り重ねた漆器

urushinuri_kuro_shu.JPG

 

 という言葉に集約されます。

 

 これが実際のお客様が求める答えなのかどうか、いま一つ実感できないものの、簡単に言えばこういうことです。

 

伝統的工芸品のジャンルからその特徴を考える

 

 そもそも、経済産業省が指定する伝統的工芸品にはいくつかのジャンルがあります。

 例えば陶磁器、織物、木工品などなど。漆器もそのジャンルの一つで鎌倉彫は漆器のカテゴリに含まれます。

 

  詳しく知りたい方はこちら → 伝統的工芸品産業振興協会 青山スクエアHP

 

 漆器で代表的なものと言えば青森県の津軽塗や石川県の輪島塗などが有名ですが、全国に伝統的工芸品として指定されている漆器は、全部で23種類もあります。その中で「彫」と名の付く漆器、つまり木地に彫刻を施して漆を塗り重ねる工芸品は、鎌倉彫のほかには実は新潟県の「村上木彫堆朱」だけなのです。

 

並び称される漆器 村上木彫堆朱

 村上堆朱は技法やそのルーツなども鎌倉彫と非常によく似ており、見分けがつきにくいようなものもあります。強いて違いを挙げるとすれば、鎌倉彫は仕上げにマコモなどの粉を蒔くことが多く、仕上げの色味が堆朱ほど赤くないという点でしょうか。

 

murakamituisyu.jpg村上木彫堆朱 鎌倉彫と微妙に異なる赤さがまた魅力です

 

 もっともこれも定義付けの問題に過ぎないのであって、中にはほぼ堆朱に近いような鎌倉彫もあり、実際の技法は様々です。

 

技術の極み!香川漆器

 また、香川漆器には技法にいくつかの種類があり、そのうちの一つである象谷塗りは木地に加工を施したり漆塗りの仕上げにマコモを用いたりと、共通点を持つその他の漆器もあります。

 ちなみに香川漆器には「彫漆」と呼ばれる技法もありますが、これは何十回(もしくは何百回)も塗り重ねた漆の層を彫刻するという方法で、木彫りとはさらに異なるものです。

 

kagawa_tuisyu.jpg香川漆器 堆朱の香合 信じられないような細かさで漆の塗膜に彫刻しています

 

木工品とは違う?

 ちなみに木工品のジャンルで言えば、岐阜県の一位一刀彫や富山県の井波彫刻、広島県の宮島細工などもあるのですが、これらは漆塗りではありませんのでそもそも鎌倉彫とはジャンルが違うのです。ですが、どちらも木彫りであることから、似たようなものだと混同されるお客様も多いのです。

 とは言え、木目も美しく鎌倉彫とはまた一味違う彫刻技術には、目を見張るものがありますね。

 

ittobori.jpg一位一刀彫 盃を仰ぐネズミが可愛い

 

ルーツは鎌倉? 日光彫について

 徳川幕府三代将軍徳川家光が、当時の日光東照宮を現在の荘厳な社殿に造り替える際に、全国から宮大工、彫師、漆工、金工、絵師など名匠たちを集めました。

 (彫師は約40万人集められたといいます)

 これらの彫師たちが仕事の余暇に彫ったものが日光彫の起源といわれています。

 

nikko_yomeimon.jpeg

 

 鎌倉彫も鎌倉時代の社寺建築に伴って全国から集められた彫師が起源となっていますので、ルーツはとても似ています。実際に、鎌倉にいた多数の彫師たちがこの時代に日光に流れていったと言われていますので、鎌倉彫が日光彫のルーツとなっていると言っても過言ではないかも知れませんね。

 日光彫はひっかき刀という、鎌倉彫ではあまり使わない道具を使うことで有名で、これが鎌倉彫との違いを生み出している技法と言っても良いでしょう。現在の日光彫は必ずしも漆塗りで仕上げている訳ではないようなので、その点も漆器に分類される鎌倉彫とはやや違います。

 

nikko_hikkaki.jpg

 

おわりに

 さて、さまざまな工芸品を引き合いに出して、鎌倉彫の特徴を説明してみました。

 こういった細かい分類や特徴、はたまた蘊蓄を知ることも、工芸品の深い理解には欠かせないでしょう。

 

 ですが、作り手としてはやはり、細かい彫刻に感動してもらったり、独特の漆の質感にうっとりしてもらったり、長く愛用してその丈夫さに感心してもらったり、経年変化を楽しんでもらったり、、、

 そんなところから「鎌倉彫っていいなぁ」とお客様に思っていただけるのが一番の喜びなのです。

 バックグラウンドとしての商品情報を詳しく知ることも大切なのですが、それだけでは工芸品の本当の良さを理解したことにはなりません!

 モノそのものとじっくり向き合って、風合いや手に取った感触から職人の技を感じてもらえたら嬉しいです♪

 

kiji_sakura.JPG

鎌倉彫の魅力については、山水堂の商品ページよりどうぞ!

 

漆に新型コロナウイルスを減少させる効果が!

 これまで漆には高い抗菌効果があると実証されており、様々な漆器の産地での実験結果が発表されていました。

 主だった実験によれば、黄色ブドウ球菌・大腸菌・MRSA・サルモネラ・腸炎ビブリオなどの菌に対して、高い抗菌効果が示されるデータがあります。

重箱.jpg

 昔からお正月の時期におせち料理を漆塗りの重箱に入れて保管するのも、雑菌による腐敗を防ぎ、少しでも日持ちさせるためだと言われています。

 漆の抗菌効果に関する過去記事

「コロナ禍での鎌倉彫を考える ステイホームに優雅な時間を」

 

新型コロナウイルスに関する研究結果

 そして今回、福井県で漆の販売を行っている株式会社箕輪漆行様より、漆に新型コロナウイルスを減少させる効果があることを確認したとの報告がありました。

 

 漆を塗ったアクリル板に新型コロナウイルスを接触させ、24 時間後に数を確認したところ、塗っていないものに比べて99.9 %以上ウイルスが減少したとのことです。

 

 詳細については、以下の引用をご覧ください。

 

試験概要

 一般財団法人日本繊維製品品質技術センターにおいて、当社の漆を塗布した試験板で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗ウイルス効果を検証した結果、その効果が確認されました。

 本検証試験方法は、図1「ISO21702 プラスチックおよびその他の非多孔質表面の抗ウイルス活性の測定」の準用で、漆塗板と未加工の試験板上にウイルスを接触させ24 時間後、試験板から回収したウイルスの感染価(細胞感染性を持つウイルス粒子の数)を測定するもので、未加工品と比べ漆塗板の方が99.9%以上新型コロナウイルスの減少したことが確認されました。図2参照

 

(1)試験機関:一般財団法人日本繊維製品品質技術センター(国指定検査機関)

(2)試験方法:ISO21702 プラスチックおよびその他の非多孔質表面の抗ウイルス活性の測定

(3)試験ウイルス :Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2(新型コロナウイルス)

(4)試験素材:アクリル板50mm×50mm 未加工,漆塗布(塗布後140 日経過した物)

(5)結果 :ウイルス減少率99.9%以上

202194133450.png

202194133540.png

  2021年8月25日 株式会社箕輪漆行「新型コロナウイルス 99.9%以上減少」より引用

 

 

 この実験を見る限りでは、漆を塗った表面の新型コロナウイルスは24時間以内にそのほとんどが死滅しています。

 

 名古屋大学総合保健体育科学センターのホームページによれば、

 「物の表面に付着したウイルスは、紙では3時間、銅(コイン)では4~8時間、段ボールでは1日、木や布では2日、ガラスや紙幣では4日、プラスチックやステンレスでは7日経過までに死滅します。」

 とあります。

 

 日常的な感染リスクに対して漆器にどこまでの有用性があるかは微妙ですが、少なくとも漆塗りではない木製やプラスチック、ステンレスの食器に比べて抗ウイルス効果が高いことは間違いなさそうです。

 

obon_and_hashi_shiruwan.JPG

 

 もちろん感染防止のためには、手指消毒やマスク着用などの基本的な対策が必要であることは言うまでもありません。

 

 ですが、こんなニュースをきっかけに漆器に興味を抱いてくださる方や、日常に漆器を取り入れてみようと思ってくださる方が一人でも多くなれば、漆器屋の端くれとしては嬉しい限りです。

よろこびを分かち合う 鎌倉彫の内祝い

2021531133458.jpg

 

贈り物は、気持ちを伝える大切な役割を担っています。

ライフステージとともにさまざまな節目で登場しますが、何度あっても嬉しいのがお祝いの贈り物。

 

なかでも内祝いは、お祝い事の主役が贈る、慶事のお披露目でもあります。自分にとってもお相手にとっても、記憶に残るものを選びたいですよね。

 

伝統工芸品である鎌倉彫は、しっとりとした漆の質感と精巧な彫刻が上品で、お祝い事を彩るのにぴったり。誰に贈っても間違いのない、品質と美しさを備えています。

 

また、鎌倉で結婚式を挙げる方や鎌倉で開業される方などは、地域とのご縁から「鎌倉らしいものを」と選ばれるケースも少なくありません。

 

ちょっと差がつく贈り物で、お祝いのシーンをより特別なものにしてみませんか?

 

202153113276.jpg

 

内祝いとは?

結婚や出産、新築など、おめでたいことがあったとき、家族や親戚、お世話になった人などへ「幸せのおすそ分け」という意味で贈るのが内祝いです。つまりもともとは、お祝い事の主役が贈るものでした。

しかし、なにもお祝いをしていない人が内祝いを受け取った場合、お祝いをしなければならないと、かえって相手に気を遣わせてしまう可能性があります。

 

そのため、現在では「お祝いを頂いた場合に、そのお返しとして贈る」という使われ方が主流となっています。内祝いは事実上お返しではありますが、「お返し」と明言しないのがマナーです。

 

「お祝いをもらったお返しではなく、よろこびを分かち合うために贈る」

本来の意味合いを忘れずに、感謝の気持ちを込めて贈り物を選びたいですね。

 

内祝いは誰に贈るの?

お祝いをしてくれた人全員に内祝いを贈るのが一般的です。

 

2021531132628.jpg

 

内祝いはどんなときに贈るの?

結婚

披露宴でお渡しする引き出物やお料理が内祝いの代わりとなり、基本的に内祝いの品を用意する必要はありません。しかし、多額のご祝儀をいただいた場合や、お祝いをいただいたけれど披露宴にお招きできなかった場合には、後日改めて内祝いを贈ります。内祝いを贈る際には、引き出物と被らないものを渡しましょう。

 

出産

出産祝いをいただいた方に、出産内祝いとして贈ります。両親、兄弟、親戚、友人、親しい人たちも心待ちにしていたはずです。ちょっとした贈り物で、喜びを共有できますね。

おおよそ1ヵ月以内に贈るのが一般的なタイミングです。

 

新築

新築内祝いは家のお披露目として、お祝いをいただいた方を招いて食事や手土産でもてなすこととされています。しかし、新築披露ができなかったり、お相手の都合がつかなかったりで、お招きできないこともあります。そんなときに新築内祝いとして品物を贈ります。

 

開店、開業

店や事業所などを開いたお祝いとして贈る、開業内祝いもあります。

お披露目パーティーなどを開いた場合は、出席者に引き出物を贈ることで内祝いとすることができます。お祝いをいただいたのに出席いただけなかった方には、後日お礼状を添えて、内祝いの品を贈りましょう。

また、パーティーなどを行わない場合は、開店・開業祝いをいただいた方に内祝を贈ります。

 

叙勲

叙勲祝いをいただいたら、内祝いとして記念品を用意するのが一般的です。

祝賀会やパーティーを主宰するのであれば、引き出物としてお渡しすることが内祝いとなります。そういった席を設けない場合は、発表後1~2週間以内を目安に内祝いをお贈りするようにします。

 

2021531134016.jpg

 

内祝いが必要ない場合

相手から要らないと言われたとき

お祝いを渡すときに、内祝いは不要と気遣ってくれる人もいます。お祝いをしてくれた人との関係性によっては、内祝いを控えても失礼にあたりません。

また、両親や義両親などから「お返しは要らないよ」と言われることもあります。このようなときには、配偶者と相談して決めると良いですね。

しかし、知人だけれどあまり親しくない人や、目上の人から言われた場合は要注意。社交辞令や遠慮からそう言っているだけの可能性があるので、内祝いを贈るようにしましょう。

 

会社や組合からもらった場合

会社や組合では福利厚生や制度の一環として支給されるお祝いもありますが、金額に関わらず、内祝いは必要ありません。

 

お祝いが少額だった場合

1,000〜2,000円ほどのお祝いだった場合、内祝いの予算が少額すぎて逆に失礼になってしまいます。お礼状やメッセージを送って感謝の気持ちを伝えましょう。

2021519162151.jpg

 

内祝いの相場は?

気になるのが内祝いの予算。

「お祝いの半返し」と言われるように、3分の1から半額程度が一般的な相場です。

 

しかし、高額なお祝いの場合、半返しでは金額が大きすぎる場合もあります。

相手との関係や年齢差なども考慮し、高額のお祝いをいただいたときには、3分の1を目安に品物を選ぶように心がけましょう。

 

 

内祝い、どんなものが選ばれているの?

内祝いの定番といえば、タオルやお菓子、カトラリーなどが挙げられます。

自分では買わないような、少し高級なものを選ぶと喜ばれます。

 

タブー視される品物としては刃物とお茶。刃物は縁が切れる、お茶は弔事でよく使われるため縁起が良くないと言われています。また、苦死を連想させる櫛や、鏡などの割れる物も避けた方が無難です。

 

 

本物を贈る、鎌倉彫という選択

内祝いを渡す相手は、年代、家族構成、贈り主との関係性もばらばらです。

どなたにも喜ばれ、お祝い事のシーンに相応しいものとして、伝統工芸品である鎌倉彫はいかがでしょうか?

 

個性豊かな伝統工芸品は、贈り主のセンスを感じさせてくれます。普段、工芸品になじみのない方には新鮮に映ると思いますし、いくつもお持ちのような愛好家の方でも同じものが被ってしまう心配もありません。日常のなかにさりげなく取り入れられるものなら、漆器初心者の方にも身構えず使っていただけます。

 

また、引き出物としてその場で持ち帰ってもらうことを考えても、漆器は最適です。

重厚な見た目に反してとても軽く、陶器やガラスと比べて割れる心配も少ないです。

 

2021521142349.jpg

 

商品ページはこちら

 

内祝いにおすすめ

かわいらしい小皿はいくつあっても嬉しいもの。

漆器は、かさばらない、軽い、お手入れ簡単と、じつは日常使いに最適。

 

2021521142725.jpg

 

お皿の商品ページはこちら

 

写真立て

いつでも目に付くところに飾っておけるのが写真立てのいいところ。

落ち着いた色合いのフレームはどんなお部屋にもなじみそう。

親戚への出産の内祝いなら、赤ちゃんの写真を入れて贈るのも喜ばれそうです。

 

2021519163358.jpg

 

写真立ての商品ページはこちら

 

カトラリー(箸置き、箸、スプーン)

よく使う日用品こそ、ちょっといいものを。シンプルでどんな食器にも合います。

箸やスプーンは口に入れるものだから、漆の抗菌効果は安心ですね。

木製品の口当たりの良さも感じられます。漆の抗菌作用についてはこちらのブログをご覧ください

 

2021519161922.JPG

 

箸などの商品ページはこちら

 

お盆

鎌倉彫といえば、すぐ思い浮かぶのはやっぱりお盆。

さりげない幾何学模様から、手の込んだ意匠までさまざま。

彫刻が生み出す陰影は、生活の中で楽しめる絵画のようで贅沢な気分になれますね。

 

2021521143625.JPG

 

お盆の商品ページはこちら

 

職人が手づくりしている鎌倉彫は、オリジナルの特注品も可能です。

伝統的な文様も素敵ですが、それ以外にもお店の名前やロゴを彫刻することもできるんです!

 

オリジナルの鎌倉彫はインパクト大!

裏側に金文字で字入れをすることもできますので、各種の記念品にもお使いいただけます。

2021519161610.jpg

 

彫刻される文様にはそれぞれ意味があります。お祝い事の内容に合わせて選ぶのも面白いと思います。また、出産の内祝いなら、お子さまが生まれた季節にちなんだ花や植物が彫られているデザインにしても喜ばれそうです。

お礼状にひとこと書き添えると、より印象に残りますし、ストーリーを感じる贈り物になりますね。

 

 

おわりに

誰かのためにギフトを選ぶのは、幸せな時間だと思います。

まして内祝いという「幸せのおすそ分け」であれば、贈り主も晴れやかな気持ちで選ぶもの。

 

お祝い事を通じて、日頃お世話になっている人たちに感謝を伝えたり、新たに出会った人たちとこれからの関係を築くきっかけにしたりすることができます。

 

内祝いは単なるお返しではなく、人との繋がりを深めてくれる贈り物。

 

大切な人と分かち合いたいよろこびを、鎌倉彫に託してみませんか?鎌倉の名を冠した伝統と技術が、あなたの気持ちをしっかりと届けてくれます。

 

2021519161429.jpg

コロナ禍での鎌倉彫を考える ステイホームに優雅な時間を

 皆さま、新年あけましておめでとうございます。

千両.png

 昨年は新型コロナウイルスに振り回された一年でしたね。普段通りの生活がままならない状況は、今なお続いています。かく言う山水堂店主の私も、外に飲みに行く機会はめっきり減ってしまい、自宅で過ごす夜が多くなりました。

 そこで今回は、ステイホームを余儀なくされがちなこの時期に、自宅で自分用に使う鎌倉彫について考えてみました。

 

 

自分用のお盆で優雅な時間を

 

 当店に来店されるお客様の中には、「以前に比べてお盆を使う機会が減ってしまった」とおっしゃる方が少なくありません。確かに自宅を訪れるお客様が少なくなれば、お茶を出すような機会も減りお盆の出番もありませんよね。コロナ禍の状況下であれば、なおさら来客は減る一方だと思います。

 

 でも、お盆や菓子皿でおもてなしをするのは、なにもお客様のためだけではありません。そうです、自分自身をおもてなししてはいかがでしょう?

 

晩酌やティータイムに

 私自身も自宅で晩酌をする時などに、鎌倉彫のお盆を愛用しています。グラスに注いだビールと乾きものをそのままお盆に。あるいは日本酒の徳利とお猪口、そして小鉢に盛った肴をお盆に乗せて使ったりしています。

 

 

sake_9sunn_take.jpgのサムネイル画像

9寸丸盆 竹 を使用しています。

 

 ティータイムには、コーヒーや紅茶とお茶請けのチョコレートやクッキーなどを乗せてみても良いですね。

kurumikko_teatime.jpg

7寸胴張盆 フチ牡丹 を使用しています。

 お茶請けのお菓子は、鎌倉の銘菓「クルミッ子」です。

 

ワインにも使える使用例

 ワインを飲む際には、急須の台にワインボトルを乗せたりしています。こうすると、グラスに注いだ際の滴がテーブルを汚すこともありません。ワインのアテになるチーズやサラミなどは、鎌倉彫の銘々皿や菓子皿にスライスして並べています。

 

wine.jpg

7寸桃皿 梅型 4寸急須台 フチ小花 を使用しています。

 

 ちなみに使った後は、洗剤などで水洗いしてしまっても大丈夫です。洗った後によく乾拭きをしておけば問題ありません。漆器は水洗いできないと誤解している方も多いので、念のため。

 

漆には抗菌作用もある

 ご存知でしょうか?

 漆で塗ったものには高い抗菌作用があることが知られています。

 

 以下は様々な漆器の産地での実験結果です。

 

越前漆器で有名な福井県工業技術センター

 黄色ブドウ球菌に対する実験が行われ、漆を塗って1ヶ月後と1年後の塗膜のどちらも同じレベルの抗菌効果があることが検証されています。漆器を長く使い続けても抗菌効果が失われないことは、重要なポイントですね。

 

京都工芸漆器協同組合

 漆を塗ったプラスチックの表面に大腸菌・MRSA・サルモネラ・腸炎ビブリオを放置する実験が行われ、4時間後には菌が半減、24時間後にはゼロになるというデータが示されました。

 また漆を塗ったプレートを入れた生理食塩水と、単なる生理食塩水の両方にO-157などの菌液を入れると、1日後に前者は完全に菌がなくなり、後者は大量の菌が残っていたという結果が出ています。

 

浄法寺塗で有名な岩手県工業技術センター

 中国産と日本産のそれぞれの漆の抗菌性の差や、塗り方による効果の違いが検証され、中国産、日本産の漆のいずれも高い抗菌性が認められたこと、塗り方によって抗菌作用が変わることはないことが発表されました。

 

 

 お正月のこの時期におせち料理を漆塗りの重箱に入れて保管するのも、雑菌による腐敗を防ぎ、少しでも日持ちさせるためだと言われています。

重箱.jpg

 

 残念ながらコロナウイルスに対する効果は現在のところ分かりませんが、漆器は抗菌効果が高いというだけでも、多少の安心感がありますよね。

(私だけが感じる気休めかもしれませんが・・・)

 

 

ステイホームのこの機会に使ってみよう!

 

 鎌倉彫は仏教文化とともに大陸から渡ってきた経緯もあり、伝統的な和製の陶磁器だけでなく、洋食器やアジアン雑貨と合わせてみても意外と違和感なく組み合わせられるのが、魅力でもあります。

 

使い込んだ魅力も!

 長年愛用してまめにお手入れした鎌倉彫は、だんだんと表面の朱塗りが剥げてきて中の黒漆が浮き出してきます。表面に凹凸のある鎌倉彫だからこそ、彫った図案に沿って新たな表情を見せるようになります。お手入れと言っても、こまめに柔らかい布で乾拭きするだけで充分です。

 こんな経変変化も鎌倉彫の魅力の一つ。使い込んで自分だけの鎌倉彫を育てるという楽しみ方もありますよ!

 

8sunrinka_used.JPG

写真は 8寸輪花盆 スミ切り刀痕 の例

 

 行きつけのお気に入りの飲み屋さん、ハレの日の食事にちょっと豪華なディナーなど、今までの楽しみだったことが失われて、ステイホームを強いられがちな今だからこそ、自宅で過ごす贅沢を鎌倉彫で演出してみてはいかがでしょう。

 

 以下の商品ページから、お気に入りの鎌倉彫を探してみてくださいね!

 

商品一覧.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

商品ページはこちらから

和柄のはなし 和風の模様に込められた意味とは

2020918134741.jpegのサムネイル画像

 和風な小物などでよく目にする機会の多い、いわゆる「和柄」。見たことはあるけれど、名前やその意味するところは意外に知らないことも多いのではないでしょうか?

 鎌倉彫のデザインとしては、昔からどちらかといえば写実的な草花などの文様がよく取り入れられていますが、図案によっては様々な和柄を彫刻で表現しています。

 そこで今回は、和柄の割付文様についてお話をしてみたいと思います。

 

割付文様

 ひとつの柄を規則的に並べた文様のことを割付文様といいます。小紋柄と呼ぶこともあります。

 以下にいくつか代表的なものを挙げてみます。

 

市松(いちまつ)

 市松文様はいわゆるブロックチェックのような柄です。二色の正方形が互い違いに並んだもので、石畳のように見えます。江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が舞台衣装にこの文様を好んで着用したことから「市松文様」と呼ばれるようになったそうです。

 大人気の漫画『鬼滅の刃』でも主人公の竈門炭治郎が市松の羽織を身に着けています。

tanjiro.pngのサムネイル画像

 また、オリンピック東京2020のエンブレムのデザインにも、市松文様が取り入れられています。

 

 鎌倉彫で市松を表現するとこのような感じになります。

7寸胴張盆 市松

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=139

2020918154119.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

麻の葉(あさのは)

 麻の葉を図案化した文様です。二等辺三角形を組み合わせた幾何学模様なのですが、麻は丈夫で成長が早いことから、丈夫にすくすく育つようにと子どもの着物に麻の葉文様を取り入れる風習があったそうです。剣道などで使われる刺し子の道着にも、麻の葉文様の刺繍が施されていたりします。

 こちらも『鬼滅の刃』の登場人物、竈門禰豆子の着物に見られる文様ですね。

nezuko.jpgのサムネイル画像

 

 鎌倉彫では、二通りの彫り方で麻の葉を表現しています。

asanoha.JPGのサムネイル画像

青海波(せいがいは)

 半円を波のように重ねた文様です。穏やかな波がどこまでも続いている様子は、「未来永劫平穏に」という意味が込められた吉祥柄です。2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップの審判のユニフォームにも、青海波の文様が描かれています。

rugby_sinpan.jpgのサムネイル画像

 

 鎌倉彫でも青海波は人気のデザインです。

7寸胴張盆 青海波

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=140

202092112343.jpg

網代(あじろ)

 網代とは、細く切った竹を網のような状態に編んだもので、日本建築の天井などにも用いられています。文字通り「網の代わり」なので、網代模様のデザインには大漁の意味の縁起が込められているとも言われています。

 よく手ぬぐいなどに見られる網代模様にはさまざまなパターンがありますが、鎌倉彫ではこのような感じになります。

 当店でも一番人気の定番のデザインです。

9寸丸盆 網代

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=56

9marubon_ajiro.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

鱗(うろこ)

 同じ大きさの三角形が整然と並ぶ鱗文様は日本では蛇の鱗に見立てたデザインと言われており、脱皮するイメージから「再生」「厄除け」の意味が込められています。また鱗で身を守るという意味からも武士の鎧や羽織の柄に使われていたりします。

 鎌倉にゆかりの深い北条氏の家紋、建長寺や円覚寺の寺紋も三つ鱗です。

engakuji.jpgのサムネイル画像

 2022年のNHK大河ドラマでは『鎌倉殿の13人』というタイトルで、鎌倉幕府を支えた北条一門が登場します。監督が三谷幸喜さんということで、今からとても楽しみにしているのですが、山水堂の商品でも現在「鱗模様」の試作品を製作中です。

uroko.JPGのサムネイル画像

 

まとめ

 というわけで今回は和柄のはなしでした。さまざまな模様に込められた意味を知ってお気に入りの和柄を選ぶというのも、粋なセンスを演出する方法の一つだと思います。さりげない和柄を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょう?

 

 写真は2019年のラグビーワールドカップで日本代表の選手が身に着けたユニフォームです。よく見ると麻の葉や青海波のほかにも、矢羽根・紗綾・花菱・亀甲など様々な種類の割付文様が使われています。

 みなさんはいくつ模様を見つけることができるでしょうか?

japan_rugby.pngのサムネイル画像

 

 鎌倉彫の商品、気になった方はぜひともご覧ください。

商品一覧.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/list.php

漆のはなし 植物由来の天然塗料

 「鎌倉彫」はその名の通り表面に施された彫刻が特徴なので、ついつい彫刻ばかりに目が行きがちですが、経産省が指定する日本全国の伝統的工芸品のカテゴリでは「漆器」に分類されます。

 つまり、蒔絵のきれいな輪島塗や独特の模様が特徴的な津軽塗などと同じジャンルの工芸品ということになります。

 

 漆塗りの器であるがゆえに、扱いが難しそうだと敬遠されるお客様の声もよく耳にします。確かに日常で漆塗りの器に馴染みのない方にとっては、どのようなシーンで使って良いものかと戸惑ってしまう事もあるかも知れません。

 

 

 そこで今回は、そもそも漆とはどういうものなのか、ちょっとお話をしてみたいと思います。

 

漆の特徴って??

 漆は日本ではおよそ12000年前の縄文時代から、塗料として使われてきたと言われています。ウルシの木の幹に傷をつけ、そこから垂れ出てくる樹液を採取したものが原料としての漆です。つまり植物由来の天然塗料というわけです。この漆を日本では古来から、器はもとより鎧・刀の鞘・馬の鞍、さらには寺社など木造建築の腐食防止や船の浸水防止など、あらゆる目的に塗料として利用してきました。

 

 10年生育したウルシの木1本から採取できる量は約250g、お茶椀1杯分と言われています。とても貴重なものだということがお分かりいただけると思います。それゆえ昔から、高価な木工製品には漆塗りが施されるのが一般的でした。

(小学校の教科書に出てくる『木竜うるし』という昔話でも、漆採りの兄弟が川底に沈んだ漆を発見して大金を手にするというエピソードがありますね)

ウルシの木.jpg

漆を採取されたあとの幹

 

 漆の大きな特徴として、その固まり方がほかの塗料と大きく違うという点があります。

 一般的な塗料は水分が蒸発することで乾燥し固まります。これとは反対に、漆はその主成分であるのウルシオールが酵素の働きによって水分や酸素でつながり、固まって強い膜を作り出します。そのため湿度がないと固まらないという珍しい性質を持っています。

 

 また、硬化する前の漆は大変かぶれやすく、林の中でウルシの木に触れただけでかぶれてしまったという経験を持つ方もいるほどです。このかぶれの原因となるウルシオールは、硬化してしまうと性質が変化しかぶれることもなくなります。酸やアルカリなどにも強く、表面を堅牢に保持する働きをもっています。

朱の鎧.jpgのサムネイル画像

 古来、武士の鎧や刀の鞘にも漆塗りが施されていたのは、この堅牢さゆえなのでしょう。

 

漆の種類と製造方法

 

 漆の種類と製造方法塗料としての漆には、大まかに言って3種類の製造法があります。

 

1)採取された漆をろ過しただけのもの

 これを生漆(きうるし)と呼びます。主に下地や木目を生かした摺り漆と呼ばれる技法に使われます。

 

2)生漆を撹拌して水分を除き精製した状態のもの

 これを透き漆と呼びます。透き漆は透明度が高いので、顔料を混ぜることで様々な色の漆を作ることが出来ます。よく目にする朱塗りも上塗りにこの漆を使用します。

 

3)精製の過程で鉄粉を混ぜ合わせたもの

 これを黒漆と呼びます。鉄粉による化学反応で黒色に変化した漆をろ過したものです。中塗りから上塗りまで幅広く使われます。「漆黒の~」という言葉もあるように、漆の質感を代表するような色合いをもっています。

塗り場の黒漆.jpg

 

 漆は元来が樹液ですから木材を原料とした器とはとても相性が良く、木地への浸透力があります。また、重ねて塗ることでさらに固く丈夫になります。鎌倉彫の漆塗の工程では、下地から上塗りに至るまでのそれぞれの工程で、上記の3種類の漆がすべて使用されています。

202083013588.JPG

 

漆 驚きのエピソード! 

 漆塗りの堅牢さを物語るエピソードとして、縄文時代に作られた漆塗の櫛が出土した話があります。この櫛は福井県立若狭歴史博物館に所蔵されていますが、約6100年前の年代測定結果が得られているそうです。

 

 それだけの長い時間土に埋もれていたにもかかわらず櫛の歯の形をとどめていた事実に、いかに漆が丈夫かということがお分かりになると思います。それだけでなく、縄文人も漆塗りの美しさに魅せられて日常のおしゃれに櫛を愛用していたと思うと、何ともロマンを感じてしまうお話です。

 

おわりに

 「きれいな表面に傷をつけてしまってはいけない」と躊躇してしまう気持ちもあるかも知れませんが、本来器などの日用品を丈夫で長持ちさせるために漆塗りを施すわけですから、ぜひとも普段の生活に漆器を取り入れていただき、その堅牢さを実感していただけることが作り手の願いです。

 

 鎌倉彫は表面に彫刻を施している分、傷などが目立ちにくいというメリットもあります。縄文人に思いを馳せながら、ロマンを感じるひと時を鎌倉彫とともに過ごしてみてはいかがでしょう。

 

 鎌倉彫の商品、気になった方はぜひともご覧ください。

商品一覧.JPGのサムネイル画像

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/list.php

落ち着いた品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介

優雅で気品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介
日本の伝統工芸の中にはさまざまな漆器があり、日用品から高級品までいろいろなシーンで使われています。
その中でも鎌倉彫は彫刻を施した漆器の代表で、手彫りの繊細さと落ち着いた漆の風合いを兼ね備えています。
 
今回はこんなシーンにぜひ!!という鎌倉彫の小物にスポットを当てながら、
「鎌倉彫の魅力」「シーン別おすすめの鎌倉彫」「鎌倉彫のお手入れ方法」について紹介をしていきます。

そもそも鎌倉彫とは?

鎌倉彫とは、素地となる木に草花などの模様を彫り、その上に漆を塗り重ねた彫刻漆器のことで、彫刻をより立体的に見せる漆塗りの仕上げ方が特色となっています。
もともとは仏具などを作るときに使われた技法ですが、現在ではお盆やお皿などの日用品にも用いられており、箸や箸置きなどの小物も作られています。

鎌倉彫の良さを知る

光沢のある朱塗りや黒塗りの漆器と比べると鎌倉彫はやや落ち着いた印象で、赤褐色の漆の仕上がりが特徴です。
雅やかな雰囲気は少ないですが、そのぶん他の漆器や陶磁器と合わせてもなじみやすい良さがあります。とはいえ、同じ色調に浮かび上がる彫刻の美しさには存在感があり、今もなお愛好家は多いです。
 
また、鎌倉彫は長く使い込むと彫りの凹凸に沿って中塗りの黒い漆の色が透け出てきて、さまざまな表情を楽しむことができるので、長年の愛用でさらなる愛着を感じられることでしょう。
鎌倉彫は草花の模様が多いのですが、江戸小紋のような幾何学模様のデザインもあります。いかにも和風なデザインだけではないので、洋食器やアジアンテイストに合わせてみるのもおすすめです。

こんなシーンにおすすめ!鎌倉彫の小物

こんなシーンで使ってみたい鎌倉彫、特におすすめの小物を3つを紹介します。

名刺盆

会社の受付などでは、名刺を差し出した際に名刺盆で受け取るところもあります。初めて会社を訪れる来客のために名刺盆を用意しておくのは、ビジネスシーンにおけるおもてなしの一つです。
高級感を漂わせながらも落ち着いた感のある鎌倉彫は名刺盆に最適で、自社のロゴなどを彫ったものや自社にゆかりのある絵柄の名刺盆を使用すれば、訪問するお客様にも深い印象を残すことができるでしょう。
実はこの名刺盆、時計やアクセサリーを外した時のトレイとしてもおすすめなんです。

お箸

食事を楽しいひとときとして演出するために、おしゃれな食器は欠かせません。
そこで鎌倉彫のお箸を使ってみてはいかがでしょうか?
鎌倉彫のお箸は手彫りの凹凸が手になじみやすく、口に触れる木の温かみも感じられます。食卓での話題にもなりますし、その質感が食事をより味わい深くしてくれることでしょう。

姫鏡

昔から漆塗りの手鏡は女性にとっての必需品でした。現在でも鎌倉彫の手鏡は大変人気があり、お母さんから娘さんへと親子二代に引き継いで使っている人もいるくらいです。
そんな手鏡をコンパクトにしたのが姫鏡です。
鏡の直径は7cm弱と小さめですが、バッグに入れて持ち歩くことができますし、お気に入りの花が彫られた姫鏡を人前でさりげなく取り出してみれば、注目されること間違いありません。

鎌倉彫の手入れ方法

漆器といえば、お手入れがなかなか大変と思っている人も多いのではないでしょうか?
でも実は、木綿などの柔らかい布で乾拭きするだけで十分なのです。

ご紹介した名刺盆や姫鏡などは、まめに乾拭きをするだけでツヤを保つことができますし、細かい傷なども自然に目立たなくなり使い込んだ風合いが増してきます。
そう、まさにレザーやデニムなどを長年使い込んだ感覚と同じなのです!

水洗いもOK

お箸については、通常の食器のように食器用洗剤を使って水洗いをしても問題はありません。その場合にはたわしのような硬いものではなく、柔らかいスポンジなどを使うと良いでしょう。
ただし、食器洗浄機や電子レンジの使用は劣化やひび割れの原因となるのでご注意を!

日光と乾燥は苦手

直射日光などの紫外線や過度の乾燥は、漆器にとっては天敵とも言えます。漆のツヤが失われたり色あせをしたりと美しい表面が台無しになり、素地が変形をしてしまうこともあります。

まとめ

鎌倉彫を日常に取り入れてみたい人には、これらの小物がおすすめです。いずれも自分で愛用するのはもちろん、ギフトにも最適です。天然の素材を使用しているので、お箸などは小さなお子さまにも安心でとても好評です。
 
鎌倉にある「山水堂」のお店では、ご紹介した名刺盆・箸・姫鏡のほか、さまざまな小物を多く取り揃えており、観光の記念やおみやげに最適です。鶴岡八幡宮など鎌倉の名所へ起こしのときは、ぜひ当店へお立ち寄りくださいませ。