ホーム>スタッフブログ / 伝統工芸鎌倉彫 山水堂>お役立ち
  • ホーム
  • 鎌倉彫とは
  • こんな用途に
  • オーダーメイド・修理
  • 通信販売
  • 作品集
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

お役立ち

和柄のはなし 和風の模様に込められた意味とは

2020918134741.jpegのサムネイル画像

 和風な小物などでよく目にする機会の多い、いわゆる「和柄」。見たことはあるけれど、名前やその意味するところは意外に知らないことも多いのではないでしょうか?

 鎌倉彫のデザインとしては、昔からどちらかといえば写実的な草花などの文様がよく取り入れられていますが、図案によっては様々な和柄を彫刻で表現しています。

 そこで今回は、和柄の割付文様についてお話をしてみたいと思います。

 

割付文様

 ひとつの柄を規則的に並べた文様のことを割付文様といいます。小紋柄と呼ぶこともあります。

 以下にいくつか代表的なものを挙げてみます。

 

市松(いちまつ)

 市松文様はいわゆるブロックチェックのような柄です。二色の正方形が互い違いに並んだもので、石畳のように見えます。江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が舞台衣装にこの文様を好んで着用したことから「市松文様」と呼ばれるようになったそうです。

 大人気の漫画『鬼滅の刃』でも主人公の竈門炭治郎が市松の羽織を身に着けています。

tanjiro.pngのサムネイル画像

 また、オリンピック東京2020のエンブレムのデザインにも、市松文様が取り入れられています。

 

 鎌倉彫で市松を表現するとこのような感じになります。

7寸胴張盆 市松

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=139

2020918154119.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

麻の葉(あさのは)

 麻の葉を図案化した文様です。二等辺三角形を組み合わせた幾何学模様なのですが、麻は丈夫で成長が早いことから、丈夫にすくすく育つようにと子どもの着物に麻の葉文様を取り入れる風習があったそうです。剣道などで使われる刺し子の道着にも、麻の葉文様の刺繍が施されていたりします。

 こちらも『鬼滅の刃』の登場人物、竈門禰豆子の着物に見られる文様ですね。

nezuko.jpgのサムネイル画像

 

 鎌倉彫では、二通りの彫り方で麻の葉を表現しています。

asanoha.JPGのサムネイル画像

青海波(せいがいは)

 半円を波のように重ねた文様です。穏やかな波がどこまでも続いている様子は、「未来永劫平穏に」という意味が込められた吉祥柄です。2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップの審判のユニフォームにも、青海波の文様が描かれています。

rugby_sinpan.jpgのサムネイル画像

 

 鎌倉彫でも青海波は人気のデザインです。

7寸胴張盆 青海波

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=140

202092112343.jpg

網代(あじろ)

 網代とは、細く切った竹を網のような状態に編んだもので、日本建築の天井などにも用いられています。文字通り「網の代わり」なので、網代模様のデザインには大漁の意味の縁起が込められているとも言われています。

 よく手ぬぐいなどに見られる網代模様にはさまざまなパターンがありますが、鎌倉彫ではこのような感じになります。

 当店でも一番人気の定番のデザインです。

9寸丸盆 網代

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=56

9marubon_ajiro.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

鱗(うろこ)

 同じ大きさの三角形が整然と並ぶ鱗文様は日本では蛇の鱗に見立てたデザインと言われており、脱皮するイメージから「再生」「厄除け」の意味が込められています。また鱗で身を守るという意味からも武士の鎧や羽織の柄に使われていたりします。

 鎌倉にゆかりの深い北条氏の家紋、建長寺や円覚寺の寺紋も三つ鱗です。

engakuji.jpgのサムネイル画像

 2022年のNHK大河ドラマでは『鎌倉殿の13人』というタイトルで、鎌倉幕府を支えた北条一門が登場します。監督が三谷幸喜さんということで、今からとても楽しみにしているのですが、山水堂の商品でも現在「鱗模様」の試作品を製作中です。

uroko.JPGのサムネイル画像

 

まとめ

 というわけで今回は和柄のはなしでした。さまざまな模様に込められた意味を知ってお気に入りの和柄を選ぶというのも、粋なセンスを演出する方法の一つだと思います。さりげない和柄を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょう?

 

 写真は2019年のラグビーワールドカップで日本代表の選手が身に着けたユニフォームです。よく見ると麻の葉や青海波のほかにも、矢羽根・紗綾・花菱・亀甲など様々な種類の割付文様が使われています。

 みなさんはいくつ模様を見つけることができるでしょうか?

japan_rugby.pngのサムネイル画像

 

 鎌倉彫の商品、気になった方はぜひともご覧ください。

商品一覧.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/list.php

漆のはなし 植物由来の天然塗料

 「鎌倉彫」はその名の通り表面に施された彫刻が特徴なので、ついつい彫刻ばかりに目が行きがちですが、経産省が指定する日本全国の伝統的工芸品のカテゴリでは「漆器」に分類されます。

 つまり、蒔絵のきれいな輪島塗や独特の模様が特徴的な津軽塗などと同じジャンルの工芸品ということになります。

 

 漆塗りの器であるがゆえに、扱いが難しそうだと敬遠されるお客様の声もよく耳にします。確かに日常で漆塗りの器に馴染みのない方にとっては、どのようなシーンで使って良いものかと戸惑ってしまう事もあるかも知れません。

 

 

 そこで今回は、そもそも漆とはどういうものなのか、ちょっとお話をしてみたいと思います。

 

漆の特徴って??

 漆は日本ではおよそ12000年前の縄文時代から、塗料として使われてきたと言われています。ウルシの木の幹に傷をつけ、そこから垂れ出てくる樹液を採取したものが原料としての漆です。つまり植物由来の天然塗料というわけです。この漆を日本では古来から、器はもとより鎧・刀の鞘・馬の鞍、さらには寺社など木造建築の腐食防止や船の浸水防止など、あらゆる目的に塗料として利用してきました。

 

 10年生育したウルシの木1本から採取できる量は約250g、お茶椀1杯分と言われています。とても貴重なものだということがお分かりいただけると思います。それゆえ昔から、高価な木工製品には漆塗りが施されるのが一般的でした。

(小学校の教科書に出てくる『木竜うるし』という昔話でも、漆採りの兄弟が川底に沈んだ漆を発見して大金を手にするというエピソードがありますね)

ウルシの木.jpg

漆を採取されたあとの幹

 

 漆の大きな特徴として、その固まり方がほかの塗料と大きく違うという点があります。

 一般的な塗料は水分が蒸発することで乾燥し固まります。これとは反対に、漆はその主成分であるのウルシオールが酵素の働きによって水分や酸素でつながり、固まって強い膜を作り出します。そのため湿度がないと固まらないという珍しい性質を持っています。

 

 また、硬化する前の漆は大変かぶれやすく、林の中でウルシの木に触れただけでかぶれてしまったという経験を持つ方もいるほどです。このかぶれの原因となるウルシオールは、硬化してしまうと性質が変化しかぶれることもなくなります。酸やアルカリなどにも強く、表面を堅牢に保持する働きをもっています。

朱の鎧.jpgのサムネイル画像

 古来、武士の鎧や刀の鞘にも漆塗りが施されていたのは、この堅牢さゆえなのでしょう。

 

漆の種類と製造方法

 

 漆の種類と製造方法塗料としての漆には、大まかに言って3種類の製造法があります。

 

1)採取された漆をろ過しただけのもの

 これを生漆(きうるし)と呼びます。主に下地や木目を生かした摺り漆と呼ばれる技法に使われます。

 

2)生漆を撹拌して水分を除き精製した状態のもの

 これを透き漆と呼びます。透き漆は透明度が高いので、顔料を混ぜることで様々な色の漆を作ることが出来ます。よく目にする朱塗りも上塗りにこの漆を使用します。

 

3)精製の過程で鉄粉を混ぜ合わせたもの

 これを黒漆と呼びます。鉄粉による化学反応で黒色に変化した漆をろ過したものです。中塗りから上塗りまで幅広く使われます。「漆黒の~」という言葉もあるように、漆の質感を代表するような色合いをもっています。

塗り場の黒漆.jpg

 

 漆は元来が樹液ですから木材を原料とした器とはとても相性が良く、木地への浸透力があります。また、重ねて塗ることでさらに固く丈夫になります。鎌倉彫の漆塗の工程では、下地から上塗りに至るまでのそれぞれの工程で、上記の3種類の漆がすべて使用されています。

202083013588.JPG

 

漆 驚きのエピソード! 

 漆塗りの堅牢さを物語るエピソードとして、縄文時代に作られた漆塗の櫛が出土した話があります。この櫛は福井県立若狭歴史博物館に所蔵されていますが、約6100年前の年代測定結果が得られているそうです。

 

 それだけの長い時間土に埋もれていたにもかかわらず櫛の歯の形をとどめていた事実に、いかに漆が丈夫かということがお分かりになると思います。それだけでなく、縄文人も漆塗りの美しさに魅せられて日常のおしゃれに櫛を愛用していたと思うと、何ともロマンを感じてしまうお話です。

 

おわりに

 「きれいな表面に傷をつけてしまってはいけない」と躊躇してしまう気持ちもあるかも知れませんが、本来器などの日用品を丈夫で長持ちさせるために漆塗りを施すわけですから、ぜひとも普段の生活に漆器を取り入れていただき、その堅牢さを実感していただけることが作り手の願いです。

 

 鎌倉彫は表面に彫刻を施している分、傷などが目立ちにくいというメリットもあります。縄文人に思いを馳せながら、ロマンを感じるひと時を鎌倉彫とともに過ごしてみてはいかがでしょう。

 

 鎌倉彫の商品、気になった方はぜひともご覧ください。

商品一覧.JPGのサムネイル画像

https://www.sansuido.co.jp/shop/products/list.php

落ち着いた品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介

優雅で気品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介
日本の伝統工芸の中にはさまざまな漆器があり、日用品から高級品までいろいろなシーンで使われています。
その中でも鎌倉彫は彫刻を施した漆器の代表で、手彫りの繊細さと落ち着いた漆の風合いを兼ね備えています。
 
今回はこんなシーンにぜひ!!という鎌倉彫の小物にスポットを当てながら、
「鎌倉彫の魅力」「シーン別おすすめの鎌倉彫」「鎌倉彫のお手入れ方法」について紹介をしていきます。

そもそも鎌倉彫とは?

鎌倉彫とは、素地となる木に草花などの模様を彫り、その上に漆を塗り重ねた彫刻漆器のことで、彫刻をより立体的に見せる漆塗りの仕上げ方が特色となっています。
もともとは仏具などを作るときに使われた技法ですが、現在ではお盆やお皿などの日用品にも用いられており、箸や箸置きなどの小物も作られています。

鎌倉彫の良さを知る

光沢のある朱塗りや黒塗りの漆器と比べると鎌倉彫はやや落ち着いた印象で、赤褐色の漆の仕上がりが特徴です。
雅やかな雰囲気は少ないですが、そのぶん他の漆器や陶磁器と合わせてもなじみやすい良さがあります。とはいえ、同じ色調に浮かび上がる彫刻の美しさには存在感があり、今もなお愛好家は多いです。
 
また、鎌倉彫は長く使い込むと彫りの凹凸に沿って中塗りの黒い漆の色が透け出てきて、さまざまな表情を楽しむことができるので、長年の愛用でさらなる愛着を感じられることでしょう。
鎌倉彫は草花の模様が多いのですが、江戸小紋のような幾何学模様のデザインもあります。いかにも和風なデザインだけではないので、洋食器やアジアンテイストに合わせてみるのもおすすめです。

こんなシーンにおすすめ!鎌倉彫の小物

こんなシーンで使ってみたい鎌倉彫、特におすすめの小物を3つを紹介します。

名刺盆

会社の受付などでは、名刺を差し出した際に名刺盆で受け取るところもあります。初めて会社を訪れる来客のために名刺盆を用意しておくのは、ビジネスシーンにおけるおもてなしの一つです。
高級感を漂わせながらも落ち着いた感のある鎌倉彫は名刺盆に最適で、自社のロゴなどを彫ったものや自社にゆかりのある絵柄の名刺盆を使用すれば、訪問するお客様にも深い印象を残すことができるでしょう。
実はこの名刺盆、時計やアクセサリーを外した時のトレイとしてもおすすめなんです。

お箸

食事を楽しいひとときとして演出するために、おしゃれな食器は欠かせません。
そこで鎌倉彫のお箸を使ってみてはいかがでしょうか?
鎌倉彫のお箸は手彫りの凹凸が手になじみやすく、口に触れる木の温かみも感じられます。食卓での話題にもなりますし、その質感が食事をより味わい深くしてくれることでしょう。

姫鏡

昔から漆塗りの手鏡は女性にとっての必需品でした。現在でも鎌倉彫の手鏡は大変人気があり、お母さんから娘さんへと親子二代に引き継いで使っている人もいるくらいです。
そんな手鏡をコンパクトにしたのが姫鏡です。
鏡の直径は7cm弱と小さめですが、バッグに入れて持ち歩くことができますし、お気に入りの花が彫られた姫鏡を人前でさりげなく取り出してみれば、注目されること間違いありません。

鎌倉彫の手入れ方法

漆器といえば、お手入れがなかなか大変と思っている人も多いのではないでしょうか?
でも実は、木綿などの柔らかい布で乾拭きするだけで十分なのです。

ご紹介した名刺盆や姫鏡などは、まめに乾拭きをするだけでツヤを保つことができますし、細かい傷なども自然に目立たなくなり使い込んだ風合いが増してきます。
そう、まさにレザーやデニムなどを長年使い込んだ感覚と同じなのです!

水洗いもOK

お箸については、通常の食器のように食器用洗剤を使って水洗いをしても問題はありません。その場合にはたわしのような硬いものではなく、柔らかいスポンジなどを使うと良いでしょう。
ただし、食器洗浄機や電子レンジの使用は劣化やひび割れの原因となるのでご注意を!

日光と乾燥は苦手

直射日光などの紫外線や過度の乾燥は、漆器にとっては天敵とも言えます。漆のツヤが失われたり色あせをしたりと美しい表面が台無しになり、素地が変形をしてしまうこともあります。

まとめ

鎌倉彫を日常に取り入れてみたい人には、これらの小物がおすすめです。いずれも自分で愛用するのはもちろん、ギフトにも最適です。天然の素材を使用しているので、お箸などは小さなお子さまにも安心でとても好評です。
 
鎌倉にある「山水堂」のお店では、ご紹介した名刺盆・箸・姫鏡のほか、さまざまな小物を多く取り揃えており、観光の記念やおみやげに最適です。鶴岡八幡宮など鎌倉の名所へ起こしのときは、ぜひ当店へお立ち寄りくださいませ。