ホーム>スタッフブログ / 伝統工芸鎌倉彫 山水堂
  • ホーム
  • 鎌倉彫とは
  • こんな用途に
  • オーダーメイド・修理
  • 通信販売
  • 作品集
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ / 伝統工芸鎌倉彫 山水堂

KOUGEI EXPO in 岩手

11月3日(日)より11月5日(火)まで、岩手産業文化センター アピオにて、「KOUGEI EXPO in 岩手 」全国くらしの工芸展に出展しています。 全国の様々な工芸品が並ぶブースだけでなく、色んな工芸品の製作体験が出来るコーナーやステージイベントなど盛りだくさんの会場に、お客様があふれかえっています! 2019114102114.jpg 2019114103147.jpg テーブルコーディネートのコーナーでも、鎌倉彫のお盆やお箸が他の工芸品と仲良く並んでいます♪ 2019114103350.jpg

落ち着いた品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介

優雅で気品のある鎌倉彫は小物にもピッタリ! おすすめの小物3つを紹介
日本の伝統工芸の中にはさまざまな漆器があり、日用品から高級品までいろいろなシーンで使われています。
その中でも鎌倉彫は彫刻を施した漆器の代表で、手彫りの繊細さと落ち着いた漆の風合いを兼ね備えています。
 
今回はこんなシーンにぜひ!!という鎌倉彫の小物にスポットを当てながら、
「鎌倉彫の魅力」「シーン別おすすめの鎌倉彫」「鎌倉彫のお手入れ方法」について紹介をしていきます。

そもそも鎌倉彫とは?

鎌倉彫とは、素地となる木に草花などの模様を彫り、その上に漆を塗り重ねた彫刻漆器のことで、彫刻をより立体的に見せる漆塗りの仕上げ方が特色となっています。
もともとは仏具などを作るときに使われた技法ですが、現在ではお盆やお皿などの日用品にも用いられており、箸や箸置きなどの小物も作られています。

鎌倉彫の良さを知る

光沢のある朱塗りや黒塗りの漆器と比べると鎌倉彫はやや落ち着いた印象で、赤褐色の漆の仕上がりが特徴です。
雅やかな雰囲気は少ないですが、そのぶん他の漆器や陶磁器と合わせてもなじみやすい良さがあります。とはいえ、同じ色調に浮かび上がる彫刻の美しさには存在感があり、今もなお愛好家は多いです。
 
また、鎌倉彫は長く使い込むと彫りの凹凸に沿って中塗りの黒い漆の色が透け出てきて、さまざまな表情を楽しむことができるので、長年の愛用でさらなる愛着を感じられることでしょう。
鎌倉彫は草花の模様が多いのですが、江戸小紋のような幾何学模様のデザインもあります。いかにも和風なデザインだけではないので、洋食器やアジアンテイストに合わせてみるのもおすすめです。

こんなシーンにおすすめ!鎌倉彫の小物

こんなシーンで使ってみたい鎌倉彫、特におすすめの小物を3つを紹介します。

名刺盆

会社の受付などでは、名刺を差し出した際に名刺盆で受け取るところもあります。初めて会社を訪れる来客のために名刺盆を用意しておくのは、ビジネスシーンにおけるおもてなしの一つです。
高級感を漂わせながらも落ち着いた感のある鎌倉彫は名刺盆に最適で、自社のロゴなどを彫ったものや自社にゆかりのある絵柄の名刺盆を使用すれば、訪問するお客様にも深い印象を残すことができるでしょう。
実はこの名刺盆、時計やアクセサリーを外した時のトレイとしてもおすすめなんです。

お箸

食事を楽しいひとときとして演出するために、おしゃれな食器は欠かせません。
そこで鎌倉彫のお箸を使ってみてはいかがでしょうか?
鎌倉彫のお箸は手彫りの凹凸が手になじみやすく、口に触れる木の温かみも感じられます。食卓での話題にもなりますし、その質感が食事をより味わい深くしてくれることでしょう。

姫鏡

昔から漆塗りの手鏡は女性にとっての必需品でした。現在でも鎌倉彫の手鏡は大変人気があり、お母さんから娘さんへと親子二代に引き継いで使っている人もいるくらいです。
そんな手鏡をコンパクトにしたのが姫鏡です。
鏡の直径は7cm弱と小さめですが、バッグに入れて持ち歩くことができますし、お気に入りの花が彫られた姫鏡を人前でさりげなく取り出してみれば、注目されること間違いありません。

鎌倉彫の手入れ方法

漆器といえば、お手入れがなかなか大変と思っている人も多いのではないでしょうか?
でも実は、木綿などの柔らかい布で乾拭きするだけで十分なのです。

ご紹介した名刺盆や姫鏡などは、まめに乾拭きをするだけでツヤを保つことができますし、細かい傷なども自然に目立たなくなり使い込んだ風合いが増してきます。
そう、まさにレザーやデニムなどを長年使い込んだ感覚と同じなのです!

水洗いもOK

お箸については、通常の食器のように食器用洗剤を使って水洗いをしても問題はありません。その場合にはたわしのような硬いものではなく、柔らかいスポンジなどを使うと良いでしょう。
ただし、食器洗浄機や電子レンジの使用は劣化やひび割れの原因となるのでご注意を!

日光と乾燥は苦手

直射日光などの紫外線や過度の乾燥は、漆器にとっては天敵とも言えます。漆のツヤが失われたり色あせをしたりと美しい表面が台無しになり、素地が変形をしてしまうこともあります。

まとめ

鎌倉彫を日常に取り入れてみたい人には、これらの小物がおすすめです。いずれも自分で愛用するのはもちろん、ギフトにも最適です。天然の素材を使用しているので、お箸などは小さなお子さまにも安心でとても好評です。
 
鎌倉にある「山水堂」のお店では、ご紹介した名刺盆・箸・姫鏡のほか、さまざまな小物を多く取り揃えており、観光の記念やおみやげに最適です。鶴岡八幡宮など鎌倉の名所へ起こしのときは、ぜひ当店へお立ち寄りくださいませ。
 

大連日本商品展覧会

中国 遼寧省 大連市にて、2019年9月27日(金)~29日(日)に開催された『大連日本商品展覧会』に出展しました。

鎌倉彫は中国の宋の時代に禅宗文化とともに鎌倉に伝えられた歴史があります。

今回はその鎌倉彫が西還し、大連の方々にお披露目となりました。

中国でも有数の親日的な都市、大連で鎌倉彫を知っていただく良い機会になりました。

dalian_1    dalian_2

20191071140.jpg

dalian_3

JAPAN EXPO パリ

2019年7月4日(木)~7日(日)にパリ郊外のパリ・ノール・ヴィルパント見本市会場にて開催された『JAPAN EXPO』に出展しました。

アニメとコスプレの殿堂のような会場の中ですが、多くの来場者の方々が鎌倉彫に興味をもってくださいました。

中でもお箸の人気は高く、フランスでも日本食がブームとなっていることを肌で感じます。japanexpo_1  japanexpo_2

japanexpo_7 japanexpo_82019107113317.jpg japanexpo_5

japanexpo_3 japanexpo_8

新元号

4月1日に、新元号「令和」が発表になりました。

梅の花を愛でた万葉集の歌から採ったらしいですね。

良い時代になるようにとの思いを込めて、早速に彫ってみました!

お好きなサイズでご注文を承ります♪

201943145219.jpg

フランクフルト国際見本市 Ambiente2019 出展のお知らせ

昨年に引き続き、本年も2019年2月8日~2月12日まで、ドイツ フランクフルトで開催される

世界最大級の消費財見本市「Ambiente 2019」に出展します。

山水堂の鎌倉彫のほか、さまざまな伝統的工芸品の数々が「DENSAN」ブースに展示されます。2019125111516.jpg

パリ ESPACE DENSAN 展示のお知らせ

伝統的工芸品産業振興協会のパリ常設ショールーム【 ESPACE DENSAN 】にて、当店の鎌倉彫が展示されます。

<展示期間> 2018年4月3日 ~ 5月31日

//www.espacedensan.com/exhibitor

2018331151030.jpg2018331151055.jpg

 

フランクフルト国際見本市 Ambiente2018 その2

2018トレンド商品に、山水堂の鎌倉彫がディスプレイされています。

一緒に並ぶ絵皿やグラスとも合わせたコーディネートはさすがのセンスです!

201821303852.jpeg

2018213182944.jpeg

フランクフルト国際見本市 Ambiente2018

2月9日から13日まで、フランクフルト国際見本市 Ambiente2018 にて、

日本の伝統的工芸品『DENSAN』ブースで山水堂の鎌倉彫を展示しています。

他にも、織物、染物、陶磁器、鋳物、漆工芸、筆など、様々な工芸品が出展されています。

ヨーロッパでも日本の工芸品は高い評価を得ています。

2018211223350.jpeg

2018211223151.jpeg

アンビエンテ2018 出展のお知らせ

2018年2月9日から13日まで、ドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の消費財見本市

「アンビエンテ2018」に出展します。

山水堂の鎌倉彫の他、さまざまな伝統工芸品が「DENSAN」ブースに展示されます。

201822132530.jpgwww.densan-worl